「いちご保育園」内装木質化用 ときがわ材

川崎市 武蔵新城駅そばにある「いちご保育園」様の内装木質化をお手伝いできることになりました。

園長の内田さんは、子供たちが自然に触れる機会を作ろうと、庭に野菜を植えたり、木のおもちゃで遊んだりと、様々な工夫をされています。

ただ、部屋の中まで木で囲める「内装木質化」というのは考えたこともなかったそうです。

「もし、それができるなら、素晴らしいです!」と、とんとん拍子に話がまとまりました。

===

2016年8月19日(金)に、大工さん達が来ての施工が始まります。

保育園がお休みの1日間で作業を終わらせるという制約上、現地に入る前に、できるだけの加工をしておこうという話になりました。

そこで、協同組合彩の森とき川で、製材してもらった板を、早めに大工さんに納品します。

===

2016年8月17日(水)午前9時 協同組合彩の森とき川に行きます。

IMG_6882

板ができてます!

IMG_6885

ヒノキのいい~香りがします。

IMG_6888

林業者 国田さんの絶妙のハンドルさばきで、優しくトラックに積み込まれます。

IMG_6893

「嫁ぎ先が決まってよかった」

製材所の田中さんが、ぽろっともらした一言です。

IMG_6909

このヒノキは、2~3年前に伐ったものだそうです。

その後、天然乾燥状態だったわけですが、このたび、いちご保育園での内装木質化が決まり、板として加工されました。

田中さんとしては、可愛い娘を嫁に出す感じのようです。

(うちにも娘が二人いるので、何となくわかります)

それだけ愛されて、幸せな木です。

IMG_6903

仲人として、ときがわ町の木たちの嫁ぎ先を見つけ、縁談をまとめていくのが、私たちの仕事なんだな、と改めて思いました。

===

その後、ときがわ材は、施工を担当して下さる岩崎工務店さんに運ばれます。

IMG_6915

新しくときがわカンパニーに加わったスタッフの優太も、運ぶのを手伝います。

IMG_6919

けっこう重いです。

IMG_6925

大工の岩崎さんが、長さを測って、どんどん切っていきます。

IMG_6928 IMG_6931

こんな感じで、つなげながら、壁にはっていくことになります。

IMG_6933

明日(8月19日)の施工が楽しみです!

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます