関口町長の想い

関口町長からお電話を頂き、町長のホームページに
「昨今の「建築」について思うこと」の記事を掲載された旨、教えて頂きました。

木を熟知し、木を愛する関口町長の危機意識が感じられる内容です。

「建築を、“作品”と呼ぶのはおかしい。中に住む人を大事にすべき。」
という電話での関口町長の言葉が印象に残っています。

http://www.geocities.jp/sontyounoheya/page060.html

私たちときがわカンパニーも、建築デザイナー本位ではなく、
中に住む人本位の考え方を大事にしていけたらと思います。

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます