5月10日(水) icafe オープン!

;kl

ときがわカンパニー代表の関根です。

2017年5月10日(水)11時30分 ときがわ町起業支援施設(ioffice)内で「icafe アイカフェ」が、オープンします!

ミニ起業家 Gerbera(ガーベラ)の島田さんが主担当です。

彼女が、毎朝、とうふ工房わたなべさんのおいしい水を汲みに行き、「ハンドドリップ法」のコーヒーメーカーで抽出したコーヒーを、間伐材使用の紙コップに、真心こめてご提供します。(とうふ工房わたなべさんの水で淹れると、珈琲がまろやかな感じになります)

「アイアール(ir)珈琲」1杯200円(税込)

一本120円の缶コーヒーや、1杯100円のコンビニのセルフコーヒーとは、一味違う、人の手で真心こめて淹れた珈琲をお楽しみください。

オープン時間:前半11時30分~13時30分、後半16時~17時30分

皆様のお越しをお待ちしております。

===

改めて、なぜ「ときがわ町起業支援施設」で「ときがわカンパニー(同)」が、「icafeアイカフェ」を行うのか?

それは、この起業支援施設(ioffice)が、「ミニ起業家が、集い、育ち、稼ぐ場」だからです。

カフェで、コーヒーが飲めて、しかも無料Wifiが使えるならば、ミニ起業家が「集う」コワーキングスペースとして使いやすくなります。

ただ、icafeは時間限定(前半11時30分~13時30分、後半16時~17時30分)なので、普通のカフェ(例:スタバ)より使い勝手は悪いでしょう。

あえて、そうしている理由は、不特定多数の人たちではなく、特定少数のミニ起業家を大事にしたいからです。

ミニ起業家の育成」で書いたように、大勢のミニ起業家を育てることは、残念ながら、今のときがわカンパニーでは、できません。

その分、今関わってくれている少数のミニ起業家候補たちを、全力でサポートしたいと思っています。

そんな彼、彼女たちが、「育ち、稼ぐ」場の一つが、今回の「icafe」です。

もちろん、カフェの収入だけでは、生活できませんので、その他の複数収入の道を持つ必要があります。そのあたりは、おって、このブログでもお話しできたらと思っています。

===

まずは、「集う場」としての「icafe(アイカフェ)」を見に来てみてください。起業に興味のある方にとっては、魅力的な場になっていると思います。

今後は、この場所で、ミニ起業家向けのセミナーも適宜開催していきます。

 2017年6月3日(土)10時~12時 無料セミナー「ときがわ町で起業して、どうやって食べていくのか?」 
 2017年7月1日(土)8日(土)15日(土)10時~13時 有料セミナー「ランチェスター戦略@ときがわ町」

ミニ起業に興味のある方は、ぜひ! icafeにお越しください。

(一番上のチラシは、ときコマースの優太が作成。今回もありがとう!)

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます