女性起業イベント「Women Bizフェスタ」@ウェスタ川越に、登壇しました。

ときがわカンパニー代表の関根です。

昨日(11月23日)女性起業イベント「Women Bizフェスタ」@ウェスタ川越に、ときがわカンパニーメンバーと登壇しました。

===

9時ごろ、ウェスタ川越に到着。あいにくの雨。やんでくれることを願います。(幸い昼から晴れました。)

会場では、着々と準備が進んでいます。事前リハーサルをしているディレクターさん達。

パネルディスカッションの舞台、ちょっと緊張しそうなセッティングです。

===

10時~、パネリスト3名の方々とミーティング。皆さん、やっぱりエネルギーある方々です。

このメンバーであれば、パネルディスカッションは上手くいく!と確信しました。

10時45分~、開場前の全体ミーティング。いよいよ始まります。

===

11時スタート。11時30分、おおたわ史絵さんの基調講演が始まります。

12時、埼玉県庁の方々含め、パネリストとランチミーティング。

===

13時、パネルディスカッション、スタート!

まずは、「流れと狙い」を、スライド資料で示します。

・「現在」「過去(起業前・起業後)」「未来」という時系列で、話を聞く
・「お金」「家族」「メンタル」とテーマごとに話を聞く。
・「起業するとこんなことがあるかもしれない」というプレビューが目的。

13時35分~ ラーンネクストの栗原さんにも登場してもらい「美容整体セッション」

整体が始まってから、

さらに聴衆が増えました。

パネルディスカッションが無事、終了!

===

師匠である東大 中原先生も言うように、パネルディスカッションは難易度が高いので、終わった後は「ふ~」という感じでした。

(参考:「パネルディスカッション」「パネルディスカッションの5つのトホホ文法」)

パネリストの方々からは「これだけ事前に準備して頂けてありがたかったです。」「話しやすかった。」「こっちは特に話す準備をしていなかったけど、引き出してもらえた。」という嬉しいお言葉を頂きました。光栄です。どうもありがとうございました。

(南さん、池田さん、佐々木さん、ありがとうございました!皆さんとご一緒できて良かったです!)

当然、「あ~、これを聞くべきだった」「あそこをもっとこうすれば」という反省点はあるのですが、ま、無事終わって良かったです。

===

11/23(木) 18:06配信のYahooニュース(映像は、テレ玉さん)

===

魂が少し抜けた状態でしたが、そのまま2階のセミナールームへ。

14時30分~16時30分 「起業セミナー ~起業するアナタに今必要なこと~」

参加者は、16名。(うち男性は1名のみ)

オープニングは、ラーンフォレストの林さんが担当。安心して任せられるので、その間にエネルギーチャージ。

参加者の「セミナーへの期待」を引き出してもらいます。

・そもそも「何をもって起業というのか」も分かってない。
・「ハコ型」ではなく「訪問型」起業に興味がある
・定年後、夫と一緒にお店をやりたいが、何からやったらよいのか分からない。
・医療機関に勤めている。資格を起業に活かしたい。
・お金持ちになりたい。
・一歩が踏み出せない。「えいや」と踏み出すためにどうしたら。

===

参加者の期待を踏まえて、本論に入ります。

・顧客の種類(どの顧客を選ぶかで、単価や仕事の仕方が変わる)
・今必要なのは「インプット(読む、聞く、見る)」と「アウトプット(話す、書く、やる)」

Gerberaの島田さんには、自分の経験も踏まえ「無料ブログ」について少し話をしてもらいました。

途中で「仲間の声」ということで「比企起業塾 一期生」からのメッセージ動画を見てもらいました。(撮影、編集は、Toki Commerceの優太)

(ご協力くださった尾上さん、工藤さん、千葉さん、ありがとうございました!)

===

後半は、ラーンネクスト 栗原さんの「整体セッション」と「起業経験談」です。

===

最後のクロージングでは、林さんが「明日からやること」を、参加者につめていきます。「つめつめ先生」の本領発揮です。

参加者の皆さん、「やる!」と決めたことを、ぜひ実践してくださいね。

===

●アンケート結果

【セミナーに参加しての感想】

・子供の手が離れてきたので、本格的に起業しようかと思い参加しました。リスクが怖かったのですがしっかり勉強すれば今まで続けてきた事もあり現実的に近いと思えました。
・誰を相手にするのかで入るお金が異なると気づかされた。まだ今は漠然としているので現時点での自分の考え等をアウトプットしたいと思う。
・色んな本を読んでみようと思うので(紹介された本を)購入します。
・知らなかったことを知ることができた。
・起業したいけど、何からやったらいいか分からず不安。でも、何もしていない自分が情けない。本も読んでいるのですが、今日、紹介された本はすぐにでも読んでみようと思います。この会場の皆さん、集まってきている人たちのパワーに刺激を受けました。
・考えなきゃいけないことが分かりました。参考になりました。

【その他、メッセージ】

・機会があれば起業塾に参加してみたいです
・様々な起業のかたちがあると思いました。今後、役立てたいと思います。ありがとうございました。
・他の方のお話で自分と同じように考えている方もいて心強かった。
・とても分かりやすく役に立つと思いました。

(参加者の皆さん、どうもありがとうございました。)

===

参加者と接していて思ったのは・・・

・ビジネス書を読んでいない。
・ランチェスター戦略も知らない。
・顧客の種類も知らない。

・多くは、B2Cでの起業を考えている。
・資格(医療、美容)や趣味(お菓子、洋裁)を、起業に活かしたいと考えている。
・集客手段として考えているのは、チラシ。
・ブログを書いている人は少数。

・女性は初めて会った人でもすぐ仲良くなる。

以上から、女性のミニ起業家であれば、

・顧客ともすぐ仲良くなりそう。
・顧客の口コミが期待できそう。
・コミュニティーづくりが上手そう。

ということで、きちんと勉強さえすれば、男性よりも起業成功確率が高いのでは、と思いました。

===

貴重な機会を作って下さった 埼玉県 産業労働部 創業支援担当の皆さん、ウェスタ川越スタッフの皆さん、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
関根 雅泰

関根 雅泰

以下のボタンでシェアできます