第5回「比企起業塾」連続講座の様子

ときがわカンパニー代表の関根です。

2018年2月17日(土)13時30分~16時30分@鳩山町コミュニティマルシェで、第5回「比企起業塾」連続講座が実施されました。

===

1.オープニング(導入)

まずは、ラーンネクスト栗原さんによるオープニングで、お互いの近況報告から始まります。

今回は、ゲストとして、最近ときがわ町に移住してこられた「半農半ライター」福島だいすけさんも参加されました。3月3日「活動報告会・交流会」のレポートを執筆してもらうので、その準備も兼ねてです。

===

2.事前課題本「クチコミュニティ・マーケティング」

今回の事前課題本は「クチコミュティ・マーケティング」です。

比企起業塾メンバーが、読んで印象に残った箇所とその理由について説明していきます。

・シーダー(共感者)の集団を作る
 →広めてくれる人は一部。動いている人が発信してくれると広まる。
・ポジショニングを上げるために、視覚に訴える
 →インスタ映えをねらう
・夢を絵にする
 →パートナー顧客が喜ぶ活動をすることで、口コミにつながる
・地域のローカルメディア
 →主婦の口コミサイトを、協力者と共に現在制作中。

「この著者のやってきたことをなぞれば、自分も上手くいくと思う」という発言がありました。本を選んだ側として嬉しい言葉です。

===

休憩をはさんで、

3.活動報告会に向けて

3月3日の「活動報告会・交流会」で発表する資料案を、比企起業塾メンバーに説明してもらいます。

・比企起業塾に入る前の状況
・比企起業塾に入ってからの活動・成果
・もし比企起業塾がなかったら
・今後の活動

「いつかは、と思っていた独立を、2018年4月に設定。
 比企起業塾を通じて、ミッションの確立と、戦略を練る訓練を積めた。」

「起業に対するイメージが漠然としていることによる不安が大きかった。
 比企起業塾を通じて、塾生同士、不安や悩みを共有できた。」

「自己流で何とかなるのではないかと、甘く見ていた。
 比企起業塾で勧められた本を読まなければ、これだけの知識は得られなかったと思う。」

「最初の起業時は、戦術・戦略なしの暴走型だった。
 今回の新規事業においては、比企起業塾が、導いてくれている。」

3月3日の活動報告会が、ますます楽しみになるメンバーの発表でした。

===

4.クロージング

ラーンフォレスト「つめつめアニキ」の林さんも、今回はあまりつめる必要が無かったようです。

「3月3日の報告会に向けて、準備をお願いします」という一言で終わりました。

===

マルシェで販売されていた 塾生 飯島さんの「ちはるふぁーむ」のネギ。

講座終了後に見てみたら、完売してました。

===

次回(3月3日)は、いよいよ「活動報告会・交流会」です。

比企起業塾の活動に興味のある方、ぜひ!ご参加ください。

お申し込みは、こちらから → 活動報告会・交流会

(写真は全てToki Commerceの優太が撮影)

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます