有料起業セミナー「第10回ランチェスター戦略@ときがわ町」を開催しました。

ときがわカンパニー代表の関根です。

2018年6月23日(土)15時~16時30分@iofficeで、有料起業セミナー「第10回ランチェスター戦略@ときがわ町」を開催しました。(今回は、特別編ということで、午後の90分開催となりました。)

今回は、比企起業塾1期生の飯島さんが参加して下さいました。

===

まずは、ラーンネクスト栗原さんの進行による「ランチェスター弱者必勝の戦略」の読書会です。

各自が印象に残った個所と理由を話します。

・初心、原点の戦略。
・客づくりに総力の7割を配分。道を聞かれたときに親切にしているか。
・有効な時間内の局地戦販売を重視。
・強者の戦略と弱者の戦略

===

次に、飯島さんの農業の状況についてお話を伺います。

・ユーカリとネギの既存事業は順調。
・新規事業として、考えていることがある。
 それが動けば、耕作放棄地の問題も解消に向かうかも。
・ハーブに関しては、更なる啓蒙、情報発信が必要。
・鳩山高校との連携も今後は図っていきたい。

===

最後は、つめつめアニキ ラーンフォレストの林さんが「今後やること」をつめていきます。

===

お話の中で、飯島さんから嬉しいお言葉を頂きました。

「ランチェスターセミナーや比企起業塾に参加し勉強することで、お客様に近い所で仕事ができている。それが粗利の高さにつながり、収益が上がっている。」

「何回も参加しているが、そのたびに考えが整理され、ヒントをもらえる。自分の考えが、以前に比べて洗練されてきていることを実感する。」

===

●飯島さんのFB記事

ときがわカンパニー恒例のランチェスター戦略読書会に参加してきました。参加者は関根さん、林さん(ラーンフォレスト)、栗原さん(ラーンネクスト)と自分の4名。テーマは強者の戦略と弱者の戦略に決めて、今後の課題について話した。後半のコンサルタイムでは皆様から色々な質問に答える形式。発散思考と、それを収束させて現実に落とし込む事を同時に考えながら質問に答えました。相変わらずの発散、そしてイキっぱなしの面も去ることながら、何をどうしたいのか。どうすれば可能になるのか。この辺りの課題設定が徐々に的を得るようになってきたように感じられる。ときがわカンパニーとお付き合いさせて頂いてから1年経ちますが、一年分の成長が感じられる良い読書会になりました。ときがわカンパニーの皆さん、いつも応援ありがとうございます。今後も精進していきたいと思います。

(飯島さん、ありがとうございます!飯島さんの頑張りの賜物だと思います。)

===

飯島さんは、次回(7月15日)の「ワンコイン読書会」にも参加して下さることになりました。

課題図書は、飯島さんも以前に読んだ「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」です。

ご興味のある方は、ぜひ!ご参加下さい。

(お申込みは、こちらのページから。)

======================================

LINE@を始めました。ときがわカンパニー(同)の地域活動や(株)ラーンウェルでの研修や研究会のご案内をしています。もしよかったら、友だち登録、お願いします。(5月16日から、30日間で、100人の登録をめざし、今、80名の方にご登録いただいています。)

友だち追加
The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます