乾かして板にして切る

端材遊具「木ャンパスP」は、製材したヒノキや杉の余りものです。

IMG_6567

山から降りてきた木は、

dsc_2082

製材所で乾燥され、

dsc_2062

板になっていきます。

IMG_6885

板をお客様に出す、製材所の田中さん曰く「嫁入り先が決まるような感じだね」とのこと。

SONY DSC

それだけ愛しているのでしょうね。(娘が二人いる私も、まだ先のことですが、身につまされます。)

IMG_6909

ゆ~っくり丁寧に、積み込まれます。

IMG_6888

そして、大工さんのもとへ運ばれていきます。

IMG_6893

板を受け取った大工の岩崎さん。製材所から出る板の長さは、3~4mが多いそうです。

IMG_6915

ぶつけないよう、板をそーっと置いていきます。

IMG_6919

長さを測り

IMG_6925

切っていきます。

IMG_6931

90cm、120cmと、30cmきざみが多いそうです。

IMG_6933

これは60cm。

使い道がないと、これも端材になっていきます。

===

今回のときがわ材の板は、神奈川県川崎市の「いちご保育園」の内装木質化(動画)に使用されました。

IMG_6945

「とんとんとんとん」

IMG_6986

現場で、大工さんたちが板を切ると、端材が出ます。

IMG_6974

ヒノキの腰壁が張られ、

19

さらに素敵な保育園になりました。(「保育園の内装木質化」詳細)

IMG_6989

こういう現場で余った材が、端材遊具「木ャンパスP」になっていくのです。

===

SONY DSC

お宝が見つかる端材遊具「木ャンパスP

 

img_7335

不自由さと自由さ「木ャンパスP²(スクエア)

 

端材は、伐った山の木と、乾かして切った板から産まれているんですね。

===

(写真は全てときコマース代表の優太が撮影)

 

The following two tabs change content below.
関根 雅泰

関根 雅泰

以下のボタンでシェアできます