端材遊具「木ャンパスP²(スクエア)」@お茶の水女子大学こども園

端材遊具「木ャンパスP²(スクエア)」は、ヒノキの板でできた中型積み木です。

img_7543

主に腰壁(こしかべ)に使ったヒノキ板の端材(はざい)を使っています。そのため、横に「さね」がついていて、はめることができます。

img_7545

しっかりはまる感じが気持ちいいです。(ただ、木なので、強く横に曲げると、割れます。)

img_7556

方向が限られますが、はめて遊ぶことができます。

img_7549

端材なので、「節あり」「穴あき」もあります。使われないともったいないので、なんとか活かしたいと思っていました。

そんなある日、保育者養成をされている、相馬先生や中西さんと出会い、端材おもちゃの可能性を知りました。

img_7335

そこで開発したのが「端材遊具 木ャンパスP²(スクエア)」です。

===

さっそく、文京区立お茶の水女子大学こども園さんに、端材遊具「木ャンパスP²(スクエア)」をサンプル使用して頂きました。 http://tokigawa-company.com/piece2/

dsc_1124

以下は、保育士K先生のレポートの一部です。


無垢材積み木を使ってみて(4歳児) 2016年12月14日

・とても魅力的なもので、子供たちもすぐに興味を示した。無垢材の色や風合い、手触りもよく保育者としても心温まる素材であり、遊びの可能性を秘めたものであると感じた。

rimg6687

・まず遊びで出てきたのは、長い板を用いての遊びである。何かを転がしたり、コースのようなものを作ったり、塔のように立ててみたりする。

dsc_0846

・とても魅力的で可能性をもっていることを感じた。一方で課題点や遊びにくい難点があることが分かった。しかしこれらは改善できそうな点でもあり、やはり可能性を感じる部分が大きい。

・(難点として)割れやすい、組合せ可能なパターンが少ない(凸凹が2辺にしか無く、残り2辺が使えない。大変もったいない)

rimg6690

・組み合わせる以外の楽しみ方も、もっとありそう。

dsc_1126

(K先生、ありがとうございました!)


 

2016年12月15日(木)16時~17時 私たちときがわカンパニーのメンバーも、お茶の水女子大こども園に行ってみました。

dsc_1121

私たちが想定したような遊び方(例:板を縦にはめて壁にする)はしていませんでした。宮里園長先生曰く「その子にとって、ちょうど良い高さがある」「子供たちは、形を工夫して作るのが好き」とのことでした。

dsc_1096

お茶の水女子大こども園の先生方から頂戴したコメント:

・溝があると使いやすいが、やりすぎない程度で良い。使う側が加工してもよいかも。

・「端材+ひと手間」が、この端材遊具。積み木とカプラの中間ぐらい。

・不自由だからこその自由さ。

最後に、宮里園長先生から「端材万歳!」というお言葉を頂きました。嬉しかったです。どうもありがとうございました。

161215shugo

===

【宮里園長先生からのメッセージ】

端材の板に、数本の溝が掘られている。

その溝に、小さな板を差し込んでみる。

するとそこに立体が生まれました!

では、これも、こっちも、とやってみているうちに、ステキな建造物が誕生。

ヒノキのよい香りに包まれて、心地よさを感じながら落ち着いた探究が始まります。

端材は端材のままでも面白い。

そこに少し手が加えられていたら、さらに面白い。

手は加えすぎないのが肝心だと思います。

ちょうどいい位の手の加え方ってどのくらいなの?

この問いの答えはまだ見つかっていないように思います。

子どもたちの遊ぶ姿から答えが見つかるようにも思います。

 

ハザイバンザイ!(HAZAIBANZAI)

 

(宮里先生、ありがとうございます)

===

端材遊具「木ャンパスP²(スクエア)」は、ときがわ町の山で産まれました。

dsc_1051

子供たちが触っているこの「スイカ」みたいな木の切り口は、ここから来ています。

===

端材遊具「木ャンパスP²(スクエア)」

img_7335

端材遊具「木ャンパスP」は、「山の木を伐り」「乾かして板にして切り」できたものです。

(人物写真は全てときコマース代表の優太が撮影)

以下のボタンでシェアできます