対話型映画「未来シャッター」に参加してきました。

(上の写真は、高橋監督)

ときがわカンパニー代表の関根です。

2018年6月16日(土)17時~20時@蒲田 キネマフューチャーセンターで、対話型映画「未来シャッター」に参加してきました。

ラーンフォレストの林さん、ラーンネクストの栗原さんも一緒です。

きっかけは、神田なみへいでの、高橋監督、菊池プロデューサーとの出会いでした。

・約3年のロングラン上映。
・見た人たちの行動変容を促す。
・企業のインハウス研修でも使われている。

とのことだったので、まずは体感してみよう、と蒲田まで行ってきました。

京急蒲田駅から歩いて5分ぐらいの所にある「キネマ通り商店街」の一角に

空き家をリノベーションした「キネマフューチャーセンター」がありました。

17時~、高橋監督の挨拶と説明があった後、映画を見ます。

鑑賞後、車座になって、意見交換をします。

・自己紹介と映画の感想
・10年後にどういう社会を作りたいか?
・今すぐ行うベイビーステップは?

差しさわりが無いと思われる範囲内で、印象に残った言葉を記録しておくと・・・

・映画は、ポジティブ、理想。現実は違う。
・映画作りでは、脚本に難航した。皆の想いが強い分、削るのが難しい。
・地域活性は「関心度」と「一体感」の2軸で定義される。バラバラをまとめるのが大変。

参加者に、エルシー電気の社長さんもいらしており、「LCCスピーカーで脳が覚醒化する」という興味深いお話も伺えました。

特に印象に残ったのは「未来は、くるものではなく、つくるもの。」という言葉です。

===

終了後、林さん、栗原さんと、品川で飲み、更にふり返りと今後について話し合います。

・ときがわ町だけではなく、広域(比企地域他)で
・30名の地域活性のキーパーソンに参加してもらい
・「未来シャッター」の自主上映会およびフューチャーセッションを
・2019年度に行う ことを考えています。

その際は、高橋監督、菊池プロデューサーにもお越し頂けたらと思っています。

(高橋監督、菊池さん、ありがとうございました!)

======================================

LINE@を始めました。ときがわカンパニー(同)の地域活動や(株)ラーンウェルでの研修や研究会のご案内をしています。もしよかったら、友だち登録、お願いします。(5月16日から、30日間で、100人の登録をめざし、今、78名の方にご登録いただいています。)

友だち追加
The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます