杉の床板の効果

ときがわカンパニー代表の関根です。

4月23日(日)フジテレビの「フルタチさん」で、睡眠障害への対策として、杉の床板の効果が取り上げられていました。(教えて下さった関口町長、ありがとうございました。)

===
「眠れない芸能人vs究極の睡眠部屋」では、ゲストに睡眠のスペシャリスト・遠藤拓郎氏を招き、眠れない芸能人の遼河はるひ、森永卓郎の日常生活に密着したVTRを紹介、改善点などをスタジオでトークしていく。スタジオには遠藤氏が部屋の壁の素材などにこだわりぬいた究極の睡眠部屋を再現。眠れない芸能人の遼河、森永が、究極の睡眠部屋で眠れるのかをVTRで検証していく。 (番組紹介サイトから引用)
===

床を杉の板にすると、それだけで、快適な睡眠につながる、というのは驚きですね。

埼玉大学 浅田教授も「スギ無垢材の床板の効果」という実証実験を通じて、杉の床板の良さを認めています。

===

関口町長のお話では、洗面所に木の板を貼ることで、鏡が曇らなくなる、つまり調湿機能が発揮されるとのことでした。

やっぱり、木には、人の生活環境を快適にする力がありますね。

(iofficeは「木のモデルルーム」でもあるので、色々と木を使っています。上の写真の右側は、厚い杉の床板で塗装なし、左側は、薄いヒノキの床板で塗装ありのものです。靴を脱いであがると、それぞれの違いを体感できると思います。)

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます