6月21日(日)第15回「本屋ときがわ町」は、オンラインとリアルのハイブリッド版で行います。

ときがわカンパニー代表の関根です。

2020年6月21日(日)10時~15時、第15回「本屋ときがわ町」を開催します!今回は、オンラインとリアルのハイブリッド版です。

一連の時間を「本を読む時間」と見たてて、本を開くかのように、Zoomを開き、様々な人たちのストーリーや活動を、味わってもらえたらと思っています。

===

●スケジュール(時間割)

10時00分~ スタート
10時20分~10時50分 「本と英語(6月のアメリカ)」@カリフォルニア州 サンノゼ
休憩
11時00分~11時30分 「本と出版」@静岡県 三島市
11時30分~11時45分 ギターライプ(1)
ランチ休憩
13時00分~13時15分 ギターライブ(2)
13時15分~14時00分 「つながる町と町」(1)
休憩
14時15分~14時45分 「つながる町と町」(2)
14時45分~      参加者からひと言
15時00分 終了!

===

●参加方法

・途中参加、途中退出OKです。

・Peatixで、参加チケット(2,000円)をご購入頂くと、追って、Zoomのアドレスをお送りします。(皆さんから頂戴した2,000円は、出店者に分配し、彼らの売上減の補填に使えたらと思っています。)

・当日は、投げ銭!で、出店者を応援することもできます。

===

●出店者

・ロドリゲス晴海さん@カリフォルニア州サンノゼ
・Mさん@静岡県三島市
・Full本屋×ノユーク@埼玉県坂戸市
・移動絵本屋てくてく小原さん@埼玉県ときがわ町
・マーク&愛@埼玉県ときがわ町
・本屋ときがわ町ioffice店 関根@埼玉県ときがわ町

===

●特別企画

今回、特別企画として、比企起業塾2期生 風間さん主催:オンラインでつながるまちとまち「ときがわ町と三島市」を行います。

・それぞれの地域の出店者に、地域で自慢できる3つのテーマを用意してもらう
(テーマ:人、歴史、自然、環境、文化、歴史、アクティビティ、場所、本に関係することなど)

・相手チームが指定したテーマについてプレゼン

・最後に感想(相手の地域の良かったところ、まねしたいところ、エール交換など)

実は、前回の本屋ときがわ町に、三島市の方が参加され、今回の本屋にも出店して下さることになりました。更に「オンライン自習室」を手伝ってくれた大学2年生が、三島市在住という偶然もあり、この企画が立ち上がりました。

===

●特別企画(2)

オンラインで「本と出版」のセッションを担当下さるMさん@三島市からのメッセージです。

セッションの内容は「本ができるまで」。

私の仕事の経験も織り交ぜつつ、一般的な流れとして、出版社での本の製作過程や、完成した本が、取次や営業を通して、書店に並ぶまでの流れを紹介しようと思います。

そして最後に、今は出版社のみならず、個人でも本を製作できるので、ぜひ皆さんもオリジナルの本を作ってみてはどうでしょう!と投げかけたいです。

===

リアル店舗@iofficeでは、移動絵本屋てくてく小原さんによる「絵本」と「ハーブティー」販売を行います。

===

新型コロナの影響で「閉ざされた環境」になりがちだからこそ、あえて世界に「開かれた本屋ときがわ町」を開催してみたいと考えています。

皆さんのご参加と、出店者へのご支援、なにとぞよろしくお願いします。

参加チケットは、Peatixからご購入下さい。

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます