「比企ピザ」の作り方

ときがわカンパニー代表の関根です。(上のチラシは、比企起業塾1期生 久保田さんが、デザインして下さいました。)

「比企ピザ」ワークショップに参加すると、「比企ピザ」を作りたくな~る~♪ということで、改めて「比企ピザ」の作り方を紹介します。

「もろやま華うどん」創始の新井先生に教わった内容を、私なりにアレンジしています。ここに書いてあるやり方で上手くいかなければ、それは私の責任です。

===

1.用意するもの

1)比企ピザ道具(100円ショップで購入可能)

・ボウル または 洗面器
・プラスチックのヘラ または 木のヘラ
・牛乳パックを広げたもの(20cm×20cm) または 薄いまな板

・割り箸 1膳(長さ20cm)
・ビニール袋 1枚 または レジ袋 1枚
・のし棒 または サランラップの芯

・包丁 または ナイフ
・180mlを測れる軽量カップ
・ヤクルトのコップ

・オーブントースター

小さいのだと、生地の半分が焼ける。

大きいのだと、生地1枚分(半分×2)が焼ける。

2)食材

・小麦粉

・打ち粉(片栗粉等、なんでもよさそう。私は、直売所で売っているサゴヤシでん粉を使ってます。)

・トマト、ズッキーニ、コーン、焼き鳥、大葉・・・ なんでもOK

・ピザソース、ケチャップ、マヨネーズ、辛みそ、ブルーベリージャム・・なんでもOK

・とろけるスライスチーズ、三角チーズ・・・なんでもOK

3)所要時間

・1人前(生地半分×2)80g(華うどんポケットサイズ)の生地を作るのに、約5~8分。

 具材を載せるのに、3分。

 焼くのに、7~8分 だとすると、約15分~20分で、1人前が完成。

・1人前(80g)でも結構お腹が膨れます。

 (うちは、6人家族で、80g×5つで、お腹一杯になります。)

===

2.作り方

・「♪ ふんわりさささ、ふんわりさささ ソフトクリーム さっ」と、カードで切る。

・洗面器に小麦粉を入れ、ヤクルトのヒップまで入れた水を

・高い位置から3回転半(蚊取り線香)で入れる。

・洗面器をゆすりまーす

・割り箸で「お は ら い を して しゃー! 12345678910 お は ら い をして 22345678910 ・・・」(8回から10回やっていると、水と小麦粉がいい感じで混ざって、小さな固まりがたくさんできます。)

・割り箸を、ヘラで綺麗にする「A面、B面、C面、D面、 アンコール・・・」
・ヘラで、洗面器を綺麗にする。まるい面、壁、底。ゆすって確認、再度綺麗に。
・ヘラと、割り箸を箱に戻す。

・水、空気と混ざった小麦粉を、ビニール袋の上に置き、四隅をもって、まとめる。

・「はしっこもってぎゅ」

・「回してもってぎゅ (拳で、あばら骨のかたち)」5回

・「てるてるぼうずー」角をまるめて

・ビニール袋をひらいて「新玉ねぎー」

・牛乳パックを開いたシートの上に、打ち粉をまいて、ゆっくり置いて

・ビニール袋の上から「プレスー」

・ビニール袋をはずして「のびたく~ん」

・はずしたビニール袋を、3回たたんで、箱に戻す。

・打ち粉(片栗粉)をまぶして「白髪あたま~」

・のし棒(サランラップの筒)で「上5回、下5回」で「ゆたんぽ~」

・90度回して「上5回、下5回」で「めろんぱん~」

・一回手に載せて、シートの上に打ち粉をかける。

・真ん中において、端の2cmは残した上で、のし棒でゆっくり伸ばす。

・8回くらいで、シートに四角く広がるよう。

・端のふくらみを平らにする「10いって8戻し、10いって8戻し、10ぬけ~」×4隅

・半分に切って、手にとって、パタパタ叩き、少し打ち粉を落とす。

・生地だけ、オーブントースターに入れ、2~3分焼く。プクーっと膨れる手前ぐらいまで。

・冷ましてから、再度手にとって、パンパン叩き、打ち粉を落とす。(落ち切れなくてもOK)

・好きな具材を載せて焼く。目安は、7~8分。

・カリッとクリスピーな「比企ピザ」の完成!

美味しく頂きま~す。

===

3.留意点

1)生地を先に焼く

新井先生は、生地だけ焼かずに、のばした生地の上に、すぐ具材を置いて、クッキングペーパーの上に置き、約10分間(240度)で焼いていました。

私もこのやり方を試してみたのですが、上手くいかず、食材(特にトマト)を載せたら、ぐちゃぐちゃになってしまったので、それ以降、生地だけ先に焼いています。

生地だけ先に焼くと、生地がかたくなるので、食材が載せやすくなります。また、生地を焼いている最中に、打ち粉もある程度落ちるので「粉っぽさ」が減るようです。

初心者および子供達と作る時は、生地を先に焼いておいて、そこに好きな具材を載せた方が楽しめると思います。

2)チーズの上に具材を載せる

生地、ソース(ケチャップ、マヨネーズ等)の上に、チーズを載せ、その上に具材を置いた方が、色どりが良いのと、チーズがとろけてオーブントースターに落ちづらく、良いと思います。

●具材の上にチーズ

●具材の下にチーズ

===

ま、何にしても、お父ちゃんや子供達が、てきとーに作っても、美味しいのが「比企ピザ」のいいところです。あんまりこだわらず、テキトーにやってみてください。

小麦粉と水、ちょっとの具材とチーズで、これだけ美味しいのが作れる不思議さ、楽しさを味わってみてください。

 

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます