ある日のioffice_190201

ときがわカンパニー代表の関根です。

2019年2月1日(金)12時ごろ、iofficeに行きました。

13時30分頃、弊社顧問税理士のスバル合同会計 西田さんがいらっしゃいます。(毎月1回、来てもらっています)

「ときがわカンパニー通信」6部をお買い上げくださり、

60円を、ペイフォワード・ボックスに入れてくれました。

ありがとうございます!

西田さんを連れ、一旦自宅オフィスに戻ります。

15時20分頃、再び、iofficeに来ると

ラーンネクスト栗原さんが、お子さん連れで、仕事に来てました。

15時30分~、徳島県から来たライターの山内さん、音楽家のmelancholyさんと、ミーティングをします。先日依頼した2曲目を、パソコンとスマホに入れてもらいます。これで、動画の新しいBGMができました。

16時頃、リリースの尾上さんが合流。山内さん達と、ときがわ町役場に行かれます。

その間、melancholyさんには、来週(2月4日)の鳩山高校授業に向けて、動画インタビューにご協力頂きました。(どうもありがとうございました)

===

「高校2年生のフリーランス音楽家」 4分04秒

「BGMのタイトル」 1分57秒

BGM 1曲目「Clear stream」

意味:日本語で清流という意味で、以前、関根様からお話をいただいたとき、ときがわ町の清流「都幾川」の「清らかさ=誠実さ」と「太陽の光を反射させる=各自が持つ力を存分に発揮できるサポートをする」という、ときがわカンパニーのイメージから作曲したため、こちらのタイトルになっています。

BGM 2曲目「Coloring」

意味:本にはさまざまなジャンルがあり、表現があり、世界観があります。作曲した曲のようにシンプルな状態で本の表紙を開けば、あっという間に、読み手の心や脳には表現しきれないほどの多彩なカラーが飛びこんできて着色されていきます。シンプルな心で本を開き、本の世界を楽しめる空間をイメージし、着色するという意味の「Coloring」をタイトルとして起用しました。

===

編集:長女(高1)の合同会社maikka 

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます