「企画会議×グラレコ」を開催しました。

ときがわカンパニー代表の関根です。

2019年10月28日(月)13時~15時30分@iofficeで「企画会議×グラレコ」を開催しました。今回のテーマは「ときがわ町からの女性転出率を下げる」です。

ときがわ町として、下記課題があるそうです。

・20歳~35歳の女性の転出率が、他市町村に比べて高い。
・その世代の男性が、女性に比べて多い。(男余りの状態)
・20歳~35歳の女性が、ときがわ町にいてくれる状態を作りたい。

そこで、比企起業塾1期生 デザイナーの久保田ナオさん@滑川町に、ファシリテーション・グラフィックをお願いしました。

===

当日、午前中、模造紙を貼れるようにし

話し合いがしやすいよう、椅子をセットします。

===

13時、ナオさんの進行で、スタートしました。

まずは、ときがわ町役場のOさんが、町の状況を説明してくれます。

今回は、主に、ときがわ町に移住してきた20代~30代の女性が集まってくれたので・・・

・何故、他の市町村から、ときがわ町に「転入」してきてくれたのか?
・何故、他の市町村を、「転出」してきたのか? 生まれ育った町を出る理由は?

という質問を中心に、話し合いを進めていくことになりました。

ナオさんのファシリテーション(進行)と、グラフィック・レコーディング(記録)により、意見交換が進んでいきます。

未来のグラフィック・レコーダーたち。

===

休憩中、

キャンドル・クリエイター「喫茶tomoshibi」あやのさんの「夕づつ」を、灯しながら、

休憩のおやつに、かどや@ときがわ町の「カドレーヌ」を楽しみます。

===

休憩後、ときがわ町生まれ、現在、滑川町在住のラーンネクスト栗原さんからの質問をきっかけに、

また、議論が盛り上がります。

ナオさんが、グラレコにまとめてくれています。

グラレコ(1)

グラレコ(2)

グラレコ(3)

グラレコ(4)

===

「キーパーソンは?」

===

ときがわ町役場のOさんにとっても、今回の会は、色々得ることがあったそうです。

Oさん、これからよろしくお願いします。皆、期待してます!

===

●ときがわ町シェアハウス まちんなかOB たつろーさん(「無人本屋」を企画)による解説

編集・発信は、長女(高2)の合同会社maikkaです。

===

ファシリテーション・グラフィックをしてくれたナオさん、ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

(ナオさんのメモ)←こういうふり返りをされるのは素晴らしいですね。さすがです。

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます