セミナー参加者の声

ときがわカンパニー代表の関根です。

先日(8月5日)開催した「有料起業セミナー:第3回ランチェスター戦略@ときがわ町」に参加して下さった飯島さんが、ご自身のフェイスブックに、下記ご報告を書いて下さいました。嬉しかったので、共有します。(許可を得て転載)

===
週末。

土曜日は朝から草刈り。1時間ほどで切り上げたあと、友人とときがわカンパニー(以下TC)へ行ってきました。ランチェスター戦略読書会。参加は2回目です。

友人は初参加だったため紹介するために10:00スタートのところ20分まえくらいに到着したら、すでに参加者全員揃っていました笑

ラーンフォレスト林さんの進行で予定より15分前にスタート。

参加者は、ときがわカンパニー関根さん、ラーンフォレスト林さん、会うのは2度目の映像クリエイターKさん。初参加でときがわでカフェをオープンしたいIさん、友人のKさんでした。

ときコマース優太くんが写真撮影やインタビューの録画等で参加。見るたびにたくましくなってる気がする。

まずは恒例の自己紹介から近況報告をした後、関根さんより初参加のIさん、Kさんへ起業についてのヒアリング。終えたところで林さんより一般的な読書会についての説明や今回の読書会の趣旨について説明頂き読書会スタート。基本的な流れは前回同様。3分間で目次から自分のテーマを選ぶ。8分間 選んだテーマを自分の課題を意識しつつ読書。3分間でテーマを踏まえ自分の課題を発表する。といった内容。

私は「重点主義の狙い撃ち」をテーマにしました。何かと気が散りやすい性格なので、こういった機会に焦点を絞るといった内容を選択しました。今回の読書会を経て本の読み方や話のまとめ方が少し理解できた気がする。今年は毎月実施を計画しているようですので次回はリベンジできるようにしたい。

1つ良い点もあった。以前より今後の方向性の輪郭がかなりはっきりしてきていること。読書会に参加することでやっていることの説明をする機会が増えて良いフィードバックがもらえていることを実感しました。

読書会終了後は関根さんからのコンサルタイム。考えが散らかっていることを指摘されつつ笑。今後の展開(方向性)についてアドバイスと宿題を頂きました。

宿題はというと、最近少し停滞気味のホームページの更新について林さんに鋭く突っ込まれ次回の読書会まで毎週更新を約束。また、関根さんより「停滞期は取材に行くといいですよ!」とアドバイスをもらいましたので近々予定したいと思います。

仕事が入ってしまったためランチタイムには参加できませんでしたが今回もとても濃い内容で大満足でした。

===

(飯島さん、ありがとうございます!)

有料起業セミナー「ランチェスター戦略@ときがわ町

以下のボタンでシェアできます