ときがわ町のミニ起業家 栗原さんが、慶応MCCで東大中原先生と登壇。

ときがわカンパニー代表の関根です。

2017年7月20日(木)東大中原先生が講師を務める慶応MCC「ラーニングイノベーション論」セッション7「研修デザインの実践~研修転移を高める工夫」に、ときがわ町のミニ起業家 栗原さんが登壇しました。

(上の写真、左側でニコニコ笑っている青いシャツの若い方が、東大の中原先生です。)

短い時間で、参加者をリフレッシュ&リラックスさせる「整体セッション」を実施。

参加者からは、「ふ~」「あいたた」と、自然と笑みがこぼれていました。

===

終了後、栗原さんから下記メールを頂戴しました。(許可を得て転載)

———————————————————-

関根さん、昨日もありがとうございました。

中原先生始め、新しい機会をありがとうございます。

個人的には僕のやってたこと転移じゃん!って関根さんに学ばせていただいたことに感動しました!

昨日もお話ししましたが、この2ヶ月の成長の成果は関根さん、ときがわカンパニーのレバレッジのおかげです!ありがとうございます。

くりはら

———————————————————-

こうやって東京の企業研修で活躍できるのは、栗原さん自身の力(人前で堂々と話せる講師向きの力、参加者をひきつける力、整体師としての姿勢の良さ等)が大きいですが、もし仮に、ときがわカンパニーの「レバレッジ」のおかげだと言ってもらえるなら、嬉しいことです。

●栗原さんのブログ 「栗原さん、研修転移 やってるよ」

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます

1 個のコメント