お笑い芸人モクレンによる「漫才で学ぶ林業」

ときがわカンパニー代表の関根です。

2017年2月17日(金)東京から、お笑い芸人モクレンの二人(矢島さん、野村さん)に来てもらい、「漫才で学ぶ林業」の撮影を行いました。

二人とは、東大大学院の合宿で知り合いました。矢島さんは、お笑いで博士論文を書いた人で、野村さんは、即興劇(インプロ)の専門家でもある、知的なお笑いコンビです。現在も、東大の「マナビラボ」を担当されています。

私が経営するもう一つの会社(株式会社ラーンウェル)でも、モクレンの二人に、研修を手伝ってもらったことがあります。

当時から「難しい話を、お笑いで、とっつきやすく、分かりやすくする」能力に長けた人たちだと思っていました。

そこで、今回は「林業」に関する漫才ネタを作ってもらい、ときがわ町の山の中や製材所で撮影する企画をお願いしました。

名付けて「林業漫才!」

編集が終わり次第、随時、動画をアップしていきます。お楽しみに!

===

林業漫才(1)「林業の現状

林業漫才(2)「なぜ、木を伐る必要があるのか?

林業漫才(3)「木の良さ

===

途中、寄らせて頂いた とうふ工房わたなべさんの前で、即興ミニライブも開催。お客様や従業員の方々も集まってくれました。(渡邉社長、ありがとうございました。)

DSC_6501_00004

撮影が終わり、駅まで送る車の中で、モクレンさんたちが「ときがわ町って、なんか、あたたかったです」と言ってくれたのが嬉しかったです。モクレンさん、ありがとうございました。

(モクレン 矢島さんのレポート

*写真は、全てときコマース代表の優太が撮影。

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます