8月18日(日)2つのワークショップを、第5回本屋ときがわ町で開催します!

ときがわカンパニー代表の関根です。

2019年8月18日(日)第5回本屋ときがわ町で、午前と午後、2回のワークショップを開催します。

===

1.10時15分~11時45分 武蔵野大学 島田ゼミの学部3年生(留学生と日本人チーム)

「やさしい日本語」を体験しよう!ワークショップ

参加費:無料 事前お申込み:不要

以下は、学生さんからのメッセージです。

ときがわ町のみなさんこんにちは!
武蔵野大学グローバル学部日本語コミュニケーション学科3年島田ゼミの黒瀬です。

みなさんは、「やさしい日本語」というのを聞いたことがありますか?

「やさしい日本語」とは、外国人の方と日本人が日本語でスムーズなコミュニケーションができることを目指した簡略化した日本語のことです。

このワークショップでは、僕たちが大学で学んでいる「やさしい日本語」というものを、参加者のみなさんに体験していただきたいと思っています。具体的には、「やさしい日本語」によるスキットを実演したり、「やさしい日本語」による書き換えを体験したりしていただきます。

このワークショップに参加すれば、外国人との会話に役立つこと間違いなし!
かしこまった講義形式ではなく、参加型の楽しいワークショップですのでお気軽にご参加ください!

●日時: 8月18日(日) 10:15~11:45
●場所: ときがわ町役場本庁舎目の前 ときがわ町起業支援施設 ioffice (アクセス
●人数: 15人ほど
●手ぶらでOK!
●参加費無料!
●主催: 武蔵野大学島田ゼミときがわ町チーム
●メンバー:青木、秋元、黒瀬、ザン、鄭

僕たちが所属する日本語コミュニケーション学科は、留学生と日本人学生が半数ずつの学科で、入学してからずっと留学生と日本人学生が一緒にディスカッションやグループワークをしてきました。僕たちのチームも、ベトナムと中国の留学生と日本人学生の混合チームです。

留学生と交流してみたい方、大歓迎です!!当日お会いできることを楽しみにしています!!

私も初めてなので「やさしい日本語ワークショップ」楽しみです! お気軽にお越しください。

===

2.13時~14時30分 「国立書店」間杉さん(元ダイヤモンド記者・編集者)によるワークショップ

「90分で文章が上手くなるコツ」

参加費:2,000円 事前申し込み:必要(お申込みフォームから)

間杉さんは、元々週刊ダイヤモンドの記者として活躍されていました。その後、ダイヤモンド社の人材開発部門で、人材育成に関する数多くの書籍を編集してこられました。私の師匠である立教大学院 中原先生の書籍(『研修開発入門』等)も編集され、そのご縁で、私も共著者として『研修転移の理論と実践』(ダイヤモンド社)でも編集担当になって頂きました。

間杉さんは、今年、独立され、フリーランスとして活動を始められました。まさに、プロフェッショナルとして、その文章力で食べてきている方です。

文章を書くのが仕事ということで、当然、本好きな方です。6月に都内で飲んだ時、「本屋ときがわ町って、面白いですね~。私も本屋を出したいですよ。」と言われたので、「ぜひ!」ということで、今回の出店が決まりました。「売れ残りが無いぐらい厳選した本」を持ってきて下さるそうで、私自身、とても楽しみです!

間杉さんが、せっかく東京から、ときがわ町に来て下さるので、ついでに「プロから学んじゃおう!」ということで、ワークショップもお願いする事になりました。

・プロから学びたい
・文章が少しでも上手くなりたい
・しかも90分という短時間で

という方は、ぜひ!ご参加ください。東京大学で、東大生に対して実施されたこともある内容だそうです。

「90分で文章が上手くなるコツ」

参加費:2,000円 事前申し込み:必要(お申込みフォームから)

===

皆さん、お楽しみに!

===

P.S.

LINE@をやっています。アカウント名は「関根雅泰(せきねまさひろ)@ときがわ町」です。「本屋ときがわ町」情報も適宜発信します。もしよかったら、友だち登録、お願いします

友だち追加
The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます