第12回「本屋ときがわ町」を開催しました!

ときがわカンパニー代表の関根です。

2020年3月15日(日)10時~15時、第12回「本屋ときがわ町」を開催しました。

===

●出店者(出店費 550円)

1.小川呑海先生@ときがわ町五明

書道ワークショップ 参加者:9名

2.野あそび夫婦 青ちゃん・エリーさん@ときがわ町別所

物販の売上:2品 「移住トーク」参加者:14名

一目見て気に入った「火育」ワッペン。NONIWAバッグに貼る予定です。

3.Full本屋×ノユーク×はーちゃん@坂戸市

本の売上:9冊 物販の売上:1品 

4.移動絵本屋てくてく小原さん@ときがわ町番匠

本の売上:4冊 ハーブティーの売上:9杯

5.合同会社maikkaの妹と弟@ときがわ町五明

物販の売上:15品 サービスの売上:5品

6.本屋ときがわ町 ioffice店

本の売上:3冊

実家が、ときがわ町五明のSさん(イラストも書ける方)「ときがわカンパニー通信」を見て、今日来てくださったそうです。

比企起業塾2期生 福島さんの「職人図鑑」もご購入下さいました。ありがとうございます。ぜひ!またお越しください。

福島さんの「職人図鑑」を、2冊!買ってくださったNさん。実は、新聞配達のお仕事をされていて「ときがわカンパニー通信」を、配っていて、いつも読んで下さっているそうです。(ありがとうございます!) ご実家が、ときがわで、○○を営んでいるそうです。 

===

●イベント(開催費 1,100円)

1.書道ワークショップ

参加者:9名(大人7名、子供2名)(ときがわ町4名、坂戸市2名、東松山市1名、小川町1名、小平市1名)

・「久しぶり~」「キンチョーする~」「あれ、書き順どうだっけ?」と大人たちが楽しそうに書いています。なんか、子供達の方が、慣れている感じですね。
・すっごく楽しかった。第2回も参加したい!(東松山市 女性)
・「上手に書かないように書く」のが難しかった。「好きな字を、好きなように書いていいんだ」と思った。(中学生)

2.移住トーク

参加者:14名(大人13名、子供1名)(ときがわ町4名、上尾市2名、川越市2名、さいたま市1名、坂戸市2名、東京3名)

・2段階移住
・移住者は移住者で固まりがち。
・野あそび夫婦のお二人の話が良かったのはもちろんですが、あの場は地域にとってものすごく貴重な場だったと思います!(さいたま市 男性)(FB記事

・風間さんのブログ記事(参加レポート

===

「学校で暇で、子供たちが作った作品はどれ?」と、わざわざ声をかけて下さった方もいました。

お忙しい中、ときがわ町の渡辺町長も寄って下さいました。ありがとうございます!

東松山から子連れお母さんが「ときがわで、調べたら、今日こういうイベントがあるって見て」と来てくれたり、

「娘さんの作った、ブックカバーが欲しかったので、ここで買えて良かったです!」というときがわ町のYさんが来てくれたりしました。ありがとうございます!

中3になった女の子が来てくれて、「小学校の時、読み聞かせで、読んでくれた“ルドルフとイッパイアッテナ”が、面白かったです。」と言ってくれました。4~5年前のことを覚えてくれているのが、嬉しいです! 読み聞かせ、続けよう!

小4による「手もみマッサージ」

「本格的~」「気持ちいい~」と、好評でした。

「わかるまで教えます」

===

●今後に向けて

・12名を超えると、小さな椅子が足りなくなる。他に使えるのが、青椅子3脚。ピンク椅子6脚(託児で使っていると使えない)パイプ椅子が必要?
・プロジェクターのランプが切れてしまった。
・ブレーカーが落ちることもあった。

===

皆さん、ありがとうございました!

次回、第13回「本屋ときがわ町」は、2020年4月19日(日)です。お楽しみに!

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます