コモリバでの打ち合わせ_190111

ときがわカンパニー代表の関根です。

2019年1月11日(金)13時~15時、ときたまひみつきちコモリバに行って、ランチと打ち合わせをしました。

立教大学 学部3年生の尾花さんと一緒にランチを取りながら、色々教えてもらいます。

・子どもの頃から車が大好きで、車の良さを伝える広報の仕事をしたい。
・埼玉の人の多くは、東京に目が向いている。良いものは東京にあると思い込んでいる。
・自分は、東京に無い良さが、埼玉にはあると思う。
・このコモリバみたいに、「ゆったりできる」オシャレな場所も埼玉にはある。
・素材も地元のものが使われている。東京だと、どこの食材か分からない。
・「良いもの意識」が高いミレニアル世代(20代)には、ささると思う。
・東京は物質的には豊かだけど、人の温かみを感じない。
・東京にいるときのモード(人目を気にする)と、地元(狭山市)にいるときのモードは違う。
・そこに行く価値。そこだけにしかないものを見に行く。
・あえて情報を、ネットに出さず、そこに来てもらって、口コミを促す展示会もあった。
・「他の人に知られたくない」「自分だけが知るこだわりの場所」

サラダ専門店で長くバイトを続けている彼が「地元産のレモングラスが食べられるなんて!」と感動していた「レモングラス入りのカレー」

私たちは「焼きチーズカレー」を頂きました。チーズの下に隠れた半熟卵がとろりとこぼれて来たときは、思わず幸せな気持ちになりました。スパイスが効いているのか、食べていると、徐々に顔から汗が出てきます。美味しかったです!

14時~、コモリバ支配人の三ツ石さんとミーティング。

3月2日(土)10時~14時「比企起業塾 第2期 活動報告会」のお打合せです。コモリバさんのスープカレーも食べられる会を企画します。

詳細は追ってご案内します。お楽しみに!

The following two tabs change content below.

以下のボタンでシェアできます